OUR BUSINESS事業案内

設備紹介

レベラー

レベラーとは製鉄メーカーで作られた鉄のコイルを均等に平らにし、任意の長さに切断し板状に加工する機械です。
ストッパー方式を採用していることで+-0.5mm以下の寸法精度を可能にします。
またロール間のピッチが狭い仕上げレベラーを使用しておりますので、抜群のフラットネスを実現します。

板厚
1.2~6.0mm
コイル巾
490~1850mm
切断長
875~5000mm
トリミング幅
10~70mm

シャーリング

シャーリングとはレベラーで加工した板を更に細かく切断する機械です。
シャーリングマシンは4台設備しており、お客様のニーズに即した納期が可能です。
小物、小ロットからのご注文にも対応いたします。

板厚
0.8~6.5mm
板巾
30~2500mm
切断長
30~1250mm

レーザー

レーザーとは、光を集約した高密度エネルギーで金属を切断する機械です。レベラーやシャーリングでは切断できない微細なもの、複雑な形状、緻密な精度に優れています。
2014年10月より最新鋭機であるファイバーレーザー機ENSIS AJを導入しました。省エネ、ワイドレンジのファイバーレーザーマシンです。短納期、小ロットのご注文にも対応致します。

最大加工寸法
3070×1550mm
最大加工板厚
10.0mm